大和投資信託のブンさん(りそな世界資産分散ファンド)

投資信託をはじめるなら「大和投資信託」商品も扱っているマネックス証券の無料資料請求がオススメ!

マネックス証券の無料資料請求はこちら♪

投資信託の手数料の種類とは

投資信託は個人が運用するのではなく、大勢の人の資金を運用することにより、リスクを少なくしているという特徴があります。しかし、大勢の人の資金を運用するということは、その運用を実際に行う人、会社が必要となります。その分に手数料がかかってしまいます。投資信託の手数料を比較して、手数料をうまく節約することが必要となります。

投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。そして、投資信託を購入するときは、これらの手数料をしっかり比較して、購入する必要があります。購入する購入先やファンドにより、販売手数料がただであったり、安いところがあったり。また、運用実績を重視する場合には、プロに運用してもらっていることから、保有している間の手数料が高いものもあります。手数料を比較して、もっとも安いものを選ぶ必要もありますが、運用実績などを考慮すると、かえって、安い手数料かもしれません。3つの手数料のバランスを比較して、もっとも有利な投資信託を購入する必要があります。

投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。どうしても、販売手数料が安いものに目がいってしまいますが、運用している最中にかかってしまう信託報酬も重要です。かといって、信託報酬が若干高くても、運用期間が短ければ十分安い手数料となります。バランスを考えて、投資信託の手数料を比較することが必要です。

投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。人気の投資信託の販売手数料を比較しているサイトがありましたので、ご紹介します。一覧表タイプですので、どのファンドを購入するか迷っている人には最適です。ぜひご活用ください。しかし、販売手数料だけでなく、運用、解約時の比較も含めて、検討することが必要です。